ホーム タグ ポートフォリオ

タグ: ポートフォリオ

株式長期投資とシステムト...

システムトレードは長期戦略に基づいたストラテジーに「投資」しているのであって、本来の意味でのアクティブトレーダーではない。ということをお伝えしていますが、様々なトレーダー及び個人投資家と交流をして、究極のシステムトレードは長期投資ではないかと思うようになってきました。 参考ブログはこちらです。 個人投資家との対話 本来、システムトレーダーの言い分としては場中に余計な判断を入れたくないというのがあります。いらぬ情報に踊らされて大多数のマーケット参加者と同調してしまい波に溺れてしまうことを排除したいのです。そういう考えももちろんありますが、やはり、知らぬ間に儲かっているという感覚のほうがもっと自分自身のマインドに訴えかけてくるかと思われます。 究極のシステムトレードは稼働していることすら忘れることです。ここまでいけば達人ですが、株式長期投資はそのような達人的行動も可能で...

システムのポートフォリオ...

一つのトレーディングシステムが将来も間違いなくうまく機能するという前提であるならば、一つのトレーディングシステムで運用するのも良いかと思いますが、現実はそんなに甘くありません。たいてい、機能するかしないかわからないシステムを補完するため、システムのポートフォリオを組む必要性がでてきます。 ウェブサーチをすると、システムトレードの話題はどこにでも転がっていますが、システム・ポートフォリオの話はほとんどお目にかかりません。その理由は、まずシステム作成自体が非常に面倒なものであり、それらのポートフォリオを構築する程のシステム数を生産するには更に長い年月が必要になるのでポートフォリオ構築までの思考に至らないということが一つ。また、もう一つの理由は資金不足が挙げられます。ポートフォリオを構築するほどの資金がありませんので単数のシステムで運用してしまうというパターンです。最後の三つめの理由ですが...

ポートフォリオの組み込み...

ストラテジー強化に伴う新規ストラテジーの導入について、同じタイミングで新しいシステムと古いシステムをそのまま交換してしまうというのではなく新しいシステムを導入しつつポートフォリオを強化していくというポートフォリオ調整方法を紹介したいと思います。個別システムの最適化をして連続性を失うことを極力避けるのが狙いです。便宜上、金額ベースでの割り当てを考えて例示してみます。 トータルポートフォリオ120万円: ・システムA 20万円 ・システムB 70万円 ・システムC 30万円 このとき、新システムDというのを導入しようとした場合は以下のようにシステムA-Cの比率と全体の資金額を固定してポートフォリオの内容を変更します。実際は、他のシステムとの相関や市場特性を考えて、新システムDの比率を小さくします。新顔で新システムDの割合を大きくとることは通常はよくありません。 ...