ホーム タグ ブロックチェーン

タグ: ブロックチェーン

ビジネスの本質と「三方よ...

steemitというSNSサイトに投稿したものを紹介します。 ブロックチェーン技術を利用したブログサイトで、コメント及びいいね!をするとSteemという仮想通貨が貯まります。皆さんにとって有用で質の高い投稿であればあるほどSteemが貯まるという仕組みです。現在、$0.02の報酬があることは大変うれしく思っています。これを機に投稿された方がいらっしゃいましたら更にうれしいです。是非、ご連絡下さい。 ビジネスの本質と「三方よしダイレクトモデル」 ■ビジネスとは、問題と解決スキルを結びつけること ビジネスとは要するにできることとできないことの接点をつなげることであり、お互いがWin-winになることです。問題点が深い場合においてその解決方法がニーズに合ったもの(それ以上のもの)であれば、その対価であるマネーは高くなります。通常、問題解決のできるスキルのほうにお金は流れま...

タイトルを「イニシアチブ...

当ブログについてタイトルを少し変えました。「イニシアチブ 未来思考のシステムトレーダー」です。以下のコラムを参考にしました。 「未来思考」について 未来を決めてバックキャスティングで考えることが大事だと考えました。バックキャスティングであれば、準備するべきことが明確になりますし、時間効率も格段に向上します。 システムトレーダーは既存の金融市場で戦うことも大事ですが、まだ見ぬ未来の市場で戦うために刃を研ぐことも重要だと思っています。だからこそ、ブロックチェーンや新技術の話題をふんだんに取り入れていこうとしております。今後ともよろしくお願いします。 こちらでも少しだけ言及しています。 未来に通用するシステムトレーダー ブロックチェーンとICO ※盛り上げていきたいと思っていますので、よろしければお気軽にコメント下さい!

未来に通用するシステムト...

当サイトはシステムトレードに関する内容ですが、新技術であるブロックチェーンやクラウドセールとも呼ばれるICO(Initial Coin Offering)の領域にも踏み込もうとしています。つまりトレーダーにとってもこれは無視できない時代の流れでもあり、未来に通用するシステムトレーダーの育成と発掘が必要になってきているというところでしょう。 思考の毎日が続きます。 ※盛り上げていきたいと思っていますので、よろしければお気軽にコメント下さい!

ブロックチェーンで混乱し...

【特設】ビットオンブロックのコーナーを設けています。随時アップデートしていきますのでよろしくお願いします。 今回の記事では、革新的な破壊的イノベーションであるビットコインと進化的な効率的イノベーションである業界のワークフローツールの違いと、信じられないほど紛らわしいことになぜこれら双方がブロックチェーンと総称されるのかについて、説明します。 こちらの投稿では、「業界のブロックチェーン」という用語の代わりに「業界のワークフローツール」を使います。こちらの文面での新興ソリューション(新しい解決策)とでもいうべきいくつかはブロックチェーンでありません。(例、R3のコード(Corda)はブロックチェーンではありませんが、デジタルアセット社のソリューションはブロックチェーンです。しかし、双方ともに業界のワークフローツールとして提案しています。) ツイッターとマイクロ...

バックデート:ビットコイ...

暗号通貨.pyをコツコツと読み続けています。まだ2014年秋の知識でしかないのですが、ネームコイン、クラウドファンディング、IPOならぬICOなど今からでも有効なアイデアがいくつかあります。 2017年初夏という未来から俯瞰(ふかん)してブログを読んでいるわけですが、ひとつ言えることは今何かを始めても遅すぎることはない。ということです。 先行者利益なんて考えなくていいです。これだけ世間で認められつつある今、逆に遡って歴史を学べることはより効率的であるとも考えられます。 これもシステムトレーダー的な発想かもしれませんね。

暗号通貨とPython

面白いブログがあったので紹介します。 暗号通貨.py ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。 初心者目線から出発し、今にいたってもうすぐ3年です。Pythonとビットコイン&ブロックチェーンは親和性がすごくあると思っています。歴史を感じ取れるよう初期投稿から読ませて頂きたいと思います。 ※盛り上げていきたいと思っていますので、よろしければお気軽にコメント下さい!

分散型台帳:データ共有で...

【特設】ビットオンブロックのコーナーを設けています。随時アップデートしていきますのでよろしくお願いします。 分散型元帳の文脈をたどってみると、多くのコメンテーターやコンサルタントがデータの共有コントロールとデータ共有を混同していることに私は気づきました。この違いは大変重要で、この簡単なミスが分散型元帳の重要な側面となります。   今回の投稿では3つのアイデアについてお話いたします。 データ共有 vs データのコントロール共有 データのコントロール パワー vs ルール 参加者によるルールの強調   1, データ共有 vs データのコントロール共有 データ共有なんてご存知ですよね。 データ共有ができるのは、ブロックチェーンのすごいと言えるユースケース(外部で実現できる機能)ですよね。 多くの人がリア...

ビットオンブロックの構成...

特設サイトにて紹介しております。以下のリンクよりお進み下さい。 「やさしい」シリーズ:記事の紹介 やさしいブロックチェーン技術 分散型台帳:同期認証 ブロクチェーンと分散型台帳の違いは何か 分散型台帳:データ共有ではなく共有コントロール ブロックチェーンによる混乱。革命対進化 やさしいブロックチェーンの不変性 やさしいイーサリアム やさしい自己証明型身分証明 やさしいデジタル通貨の発行 やさしいスマートコントラクト スマートコントラクトの3つの一般的な誤解 やさしいデジタルトークン やさしいビットコイン 一つのインフォグラフィックで表示:ビットコインネットワーク 一つのインフォグラフィックで表示:ビットコイン内部のブロックチェーン やさしいビットコインのマイニング やさしいハイパーレジャーのプロジェクト 「一言」シリーズ:記事の紹介 イアン・グリ...

ビットオンブロック

ビットオンブロック 〜ブロックチェーン技術の思考〜 著者:アントニー・ルイスさんの許可を得て、ビットオンブロックの翻訳版を提供することにいたしました。   About ビットオンブロック ・ビットオンブロックはブロックチェーン技術のブログです。 ・ビットオンブロックはアントニー・ルイスにより、2015年に設立されました。 ・ビットオンブロックはシンガポールを拠点としてアジアにフォーカスしています。 ・ビットオンブロックはビジネスパーソン向けの明瞭で実用的な記事の提供を心がけます。 ・ビットオンブロックは暗号通貨及び分散型台帳が世界をより良くさせるものだと信じています。 ・ビットオンブロックは英語をベースとしてフランス語、インドネシア語、ベトナム語、韓国語に翻訳されています。※もちろん日本語も近々追加されます。 アントニー・ル...

ビットコインの過去データ...

データを取得するのに便利なのがQuandl Inc.のデータベース。市場価格データだけでなく、経済指標データも揃っています。 ここではビットコインの過去データを取得してみましょう。 bitcoinで検索します。 残念ながらBTC/JPYはないので、老舗ビットコイン取引所のBTC-eの対ドルビットコインを取得します。対円の分析を行うには、あとでUSD/JPYを組み合わせて計算します。※乖離があることはやむなし。 サインイン等が必要になりますが、当初目的であるビットコインの過去データ(日次データ)を取得することができました。あとはExcelベースで分析できます。