デイリーアーカイブ 2017年5月15日

トレーディングシステムを使うヘ...

ヘッジファンドが採用する運用戦略には様々なものがありますが、そのうちの幾つかはいわゆる金融モデルも含めた広義の意味での「トレーディングシステム」を用いて運用を行っています。そのシステム主体の代表的な投資戦略はマネージド・フューチャーズとして分類され、CTAs (ヘッジファンド:Commodity Trading Advisers)が主に投資先を先物に絞り、投資事業の戦略展開を試みています。その他、株式を用いた手法やグローバル・マクロ型のヘッジファンドの一部でも「トレーディングシステム」を使い運用収益を上げているところもあります。 では、ヘッジファンドが具体的に求めている収益の源泉は何なのでしょうか? ヘッジファンドは常に市場の非効率性に目を向けています。非効率性には一時的なものと継続的なものがありますが、ヘッジファンドが追い求めているのはこのうちの継続的な市場非効率性です。一時...