実証分析からみる逆張り戦略

0
303

1985年にDeBontとThalerが米国株式市場において、3~5年の逆張り戦略が有効であると発表しました。一方、1993年にはJegadeeshとTitmanが6~12ヶ月の順張り戦略が有効であると発表しています。

日本の株式市場は米国と違い、逆張り戦略が強くて、特に1ヶ月の逆張り戦略が有効であるということが1997年に明らかにされました。現在でも当てはまるのかどうか検証するべきではありますが、少なくとも今後の投資戦略を構築する上での参考になると思います。


返事を書く(承認後反映)

Please enter your comment!
Please enter your name here

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.