金融業界のプログラミング言語

0
105

金融業界の職種ではまだまだJavaやC++とSQLの組み合わせで、ユーザーのアプリケーションはExcel+VBAというところです。たまにUnix、Linuxの経験も求められますが、関連する募集職種においてもこれらを扱えると就職ができるというところは間違いないようです。

採用する側においては、既存システムがあり、それを使いこなせる人に来て欲しい。(なぜなら、担当者が辞めてしまったか、タスク追加や修正の業務が増えてしまった。)という動機があります。いわゆる補充要員の考えになるのですが、如何せん業務がありすぎるためそうせざるを得ません。短期思考となってしまっているのです。

金融関連で親和性のある言語はPythonです。システム職種においてはPythonをマスターしておくと今後も有利ですし、非プログラマーでもPythonを少し書けるだけで活躍の場が広がります。Pythonはこれまでのプログラム言語と違って随分とわかりやすい言語なので、システムと非システムの人間の橋渡しになれるような言語じゃないかと、そう思っています。


返事を書く(承認後反映)

Please enter your comment!
Please enter your name here

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.