合理的な行動とは

0
236

個人投資家はマクロ経済状況に敏感に反応して合理的な行動を取っているつもりで株式売買を頻繁に繰り返すことは多いのですが、実際は取引手数料等のコストを余計に支払うこととなり、結果的には非合理的な行動であったということがよくあります。個人投資家が勝てない原因の第一位がこの過剰売買です。システムトレードに携わることで得られる最も大きなメリットは、この取引手数料等のコストが具体的に把握できることでしょう。文句の言いようがない綺麗な損益曲線を描くモデルであったとしても市場の最低コストを引いただけでガタガタになってしまうことはよくあります。また、システムトレードの開発作業により最適な取引間隔も見えてくることからメリットは大きなものとなるでしょう。一方デメリットは、株式投資を始めた頃の大儲けの幻想が消えてしまうことだと言えそうです。


返事を書く(承認後反映)

Please enter your comment!
Please enter your name here

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.