高頻度売買トレーダーに対する恐れ

0
377

古参である機関投資家の注文は、ここ最近、高頻度売買トレーダーの食い物とされてきました。流石の機関投資家も面白いはずはなく、ダークプールと呼ばれる非公開取引やブロックトレードを行うことでコスト垂れ流しを防いできました。そのせいもあって、場中の流動性というのは欠乏しやすくなり、一方でオープンやクローズでの売買が増えるという現象が目立ち始めました。流動性を提供すると言われている高頻度売買トレーダーの存在が、その存在を恐れる他の投資家の参加機会を奪うことで、結果として流動性が欠如しつつあるということが起きています。これが、ここ最近のマーケットの特徴だと言えます。


返事を書く(承認後反映)

Please enter your comment!
Please enter your name here

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.