プロトタイプ・システム

トレーディングシステム設計の前段階で、自分のアイデアを即座にデータに落とし込むことは非常に大切であります。アイデアが思い浮かんだ後に、面倒くさがらずに検証に取り組んで形にしないとトレーディングシステムとして実用化されることはありません。
いわゆる「Quick Response」が大事なわけですが、このような作業では使い慣れた汎用ツールを使い、なるべく形にすることだけを目的とします。このようなツールで最適なのはMicrosoft Excelです。Excelでプロトタイプ・システムを作成し、フレームワークをある程度抑えておくことは、今後の詳細な分析をする上でも重宝されます。
今回のシステムは出来高の上昇下落と価格の上昇下落をパターンに分けてみたナチュラルガスのシステムです。パラメータは適当な数値ですので詳細な分析は必要ですが、とにかく形にすることが大切です。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
プロトタイプ (英 prototype) とは、デモンストレーション目的や新技術・新機構の検証、量産前での問題点の洗い出しのために設計・仮組み・製造された試験機・試作回路・コンピュータプログラムのことを指す。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

ABOUTこの記事をかいた人

システック

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。