トレードしなくてもよい時間帯

トレードしなくてもよい時間帯をまとめてみました。最も動く時間帯、流動性のある時間帯をまとめているサイトはありますが、トレードしなくてもよい時間帯をまとめているのは、あまりないのではないかと思います。思い切って提案します。

11:15〜14:30  日本の昼休み

夏19:00〜21:00(冬20:00〜22:00) 欧州昼休み

夏0:30〜7:00(冬1:30〜8:00) 米国午後からクローズまで

各地域の夏時間は下記のとおりです。

米国:3月第2日曜〜11月第1日曜日

欧州:3月最終日曜〜10月最終日曜

昼ごはん&昼寝、晩ごはん&お風呂、就寝&朝ごはんの時間が取れますので意外と規則正しいのではないでしょうか。NY市場クローズ前は見たい気もしますが、とはいっても積極的にエントリーする場面ではありません。

日本の昼休みと欧州昼休みの間の14:30〜夏19:00(冬20:00)は日本市場・アジア市場クローズと欧州市場オープンで為替が動きますが、この時間帯はもう少し細分化できるかもしれません。最も勝負時間帯は、夏21:00〜0:30(冬22:00〜1:30)であることは間違いないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

ABOUTこの記事をかいた人

システック

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。