最新記事 随時アップデート!

当サイトの表示名「イニシアチブ」は、独創的な、先導的なといった意味の取り組みや構想を意味します。トレードに関連することで、世の中の事象に対するひらめきを大切にいたします。

当サイト「イニシアチブ 未来思考のシステムトレーダー」のフォーカスポイントは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)を供給することです。詳細は概要とサービス内容をご覧下さい。

マーケット・ノート:20...

Markets & Events ・18日発表のFOMC議事録によると、ドル高及び国外の懸念材料や賃金の伸びが緩慢との理由により、利上げ時期が遠のくとの見方。 ・ドル独歩高観測が崩れる。 ・日経平均は14年9か月ぶりの高値を更新。くりっく株365は現在18,359で推移。 ・1月の米鉱工業生産指数は市場予想を下回る。 ・ギリシャがユーロ圏諸国に融資の延長を申請した。 ・ナスダックは上抜け。※画像はナスダック100ミニ先物

株価の大きな値動き ~米...

「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」著者のラリー・コナーズ氏が、寄り付きで株が大きく上がった場合、その株を買うべきかどうかということに関してレポートをまとめていました。マーケット寄り付き前に、銘柄を物色しているときや自分の持ち株がニュースによって朝は大きく上げそうだと推測された場合、果たして株を売って利益確定をすればいいのか、あるいは何もせずにそのまま持っていればいいのか、そういった疑問にお答えできるよう、シンプルに説明しています。結論から言うと、株が大きく動いた場合は、逆張りで入る方がよいとのことです。 【結論】 前日終値から10%以上の上昇、翌日寄り付きで売り → 1週間後はプラス1%リターン 前日終値から10%以上の下落、翌日寄り付きで買い → 1週間後はプラス2%リターン ここでの結果は統計的な優位性を示すのみであり、ニュースの内容によっても個...

ビジネスの本質と「三方よ...

steemitというSNSサイトに投稿したものを紹介します。 ブロックチェーン技術を利用したブログサイトで、コメント及びいいね!をするとSteemという仮想通貨が貯まります。皆さんにとって有用で質の高い投稿であればあるほどSteemが貯まるという仕組みです。現在、$0.02の報酬があることは大変うれしく思っています。これを機に投稿された方がいらっしゃいましたら更にうれしいです。是非、ご連絡下さい。 ビジネスの本質と「三方よしダイレクトモデル」 ■ビジネスとは、問題と解決スキルを結びつけること ビジネスとは要するにできることとできないことの接点をつなげることであり、お互いがWin-winになることです。問題点が深い場合においてその解決方法がニーズに合ったもの(それ以上のもの)であれば、その対価であるマネーは高くなります。通常、問題解決のできるスキルのほうにお金は流れま...

為替動向(ストレート)

USD - United States Dollar
JPY
0.0089
EUR
1.1961
GBP
1.3568
AUD
0.7968

為替動向(対円)

JPY - Japanese Yen
USD
112.04
EUR
134.01
GBP
152.02
AUD
89.27

人気ランキング

マーケットは変人が勝つ

マーケットと対峙していてつくづく思うのが、普通の人はマーケットで儲けられないということ。(投資で儲けるとは別の意味で) 頭が切れるとか賢いという人が成功するんでしょ、と思われるかも知れませんが、そういうことではなく、なんと言うか「変人」が強いということです。 頭の切れは必要かもしれませんが、例えば賢い人で理論詰めの人(大学教授、ストラテジスト、アナリストに多いでしょうか・・)でもマーケットで勝てるかといえば、いや勝てないということです。 大衆のうねりというのがあり、そのうねりに迎合しているのが普通の人です。朝起きて会社に行くということを常識とし、何の疑問も思わない人は、よいニュースで上がり、悪いニュースで下がると思っていますから、そのように行動します。社会的な人間は、ゼロサムゲームの世界で生きていることと同じです。 反発心が強すぎて、マーケットに逆らう人は当然勝てま...

編集者イチオシ